« ダンベルベンチプレス | トップページ | 本日の代行レッスン »

2014年3月20日 (木)

ダンベルフライ

大胸筋のトレーニングです。

胸のトレーニングは、プレス系が主流ですが

プレス系だと腕や肩も使われてしまいます。

フライ系は、ほぼ胸の筋肉が使われますので

捨てられない重要な種目になります。

少し難易度が高いので

しっかりフォームができてから

重量を増やしてトレーニングしてみてください。

胸板を厚くしたり、バストアップ、胸の柔軟性向上などに効果があります。

プレス系の種目にプラスしてトレーニングをするとより効果的ですhappy01

<やり方>

・手のひらが向き合うようにダンベルを持ちます。

・胸の上に 垂直に上げた腕をブレーキをかけながら、ゆっくりと横に下ろす。

・胸の筋肉を意識しながら、やや円を描きながら上げる。

・呼吸は、上げる時に吐き下ろす時に吸いましょう。

<注意する点>

・肘を曲げる角度は100度~120度(肘を痛めないために)

・体にダンベルを落とさないように注意しましょう。

・怪我予防のため高重量を扱う時は、特に注意しましょう。

« ダンベルベンチプレス | トップページ | 本日の代行レッスン »

ダンベルトレーニング(動画)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1292270/55446789

この記事へのトラックバック一覧です: ダンベルフライ:

« ダンベルベンチプレス | トップページ | 本日の代行レッスン »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ