カテゴリー「マシントレーニング(動画)」の記事

2014年3月14日 (金)

ラットプルダウン ダブルハンドルバー(動画)

ダブルハンドルバーを使います。

背中中~上部を鍛えるトレーニングです。

背中の中部の厚みを出すのに効果的です。

脇を締めながら肘を引けるので

大円筋を意識してトレーニングできます。

肩甲骨を寄せることを意識しながら行いましょう。

<フロント1のやり方>

背中の上部に効きます。

 ①上体をやや傾けて息を吐きながら肘をしっかり引く。

 (バーは鎖骨の前まで寄せる)

 ②息を吸いながら元の位置に戻す(肘は伸ばし切らない)

コツは・・・

 ・腕の力を極力使わない。

 ・バーを引いたら1~2秒静止。

 ・ブレーキをかけてゆっくりバーを戻す。

 ・上体を動かさない。

 ・しっかり下半身をロックして行う。

<フロント2のやり方>

背中の中部に効きます。

 ①上体を傾けて(45度)息を吐きながら肘をしっかり引く。

 (バーは胸の前まで寄せる)

 ②息を吸いながら元の位置に戻す(肘は伸ばし切らない)

コツは・・・

 ・腕の力を極力使わない。

 ・バーを引いたら1~2秒静止。

 ・ブレーキをかけてゆっくりバーを戻す。

 ・上体を動かさない。

 ・しっかり下半身をロックして行う。

↑↑↑↑↑↑

ブログランキング挑戦中!!※ クリックお願いします(^O^) 

Imageca1xxua7 

今すぐお気軽にお電話下さい。➡048-797-5551 SSCあすも

              ホームページはコチラ➡ SSCあすも

B0044915_23243387   B0044915_23243387_2   B0044915_23243387_3

ビリー隊長inあすも 5・5ビリーレッスン参加希望の方はこちらをクリック!!

ラットプルダウン サイクルハンドルバー(動画)

ラットプルダウン(サイクルハンドルバー)は

背中中~上部を鍛えるトレーニングです。

特に背中の中部の厚みを出すのに効果的です。

脇を締めながら肘を引けるので

大円筋を意識してトレーニングできます。

肩甲骨を寄せることを意識しながら行いましょう。

<フロント1のやり方>

背中の上部に効きます。

 ①上体をやや傾けて息を吐きながら肘をしっかり引く。

 (バーは鎖骨の前まで寄せる)

 ②息を吸いながら元の位置に戻す(肘は伸ばし切らない)

コツは・・・

 ・腕の力を極力使わない。

 ・バーを引いたら1~2秒静止。

 ・ブレーキをかけてゆっくりバーを戻す。

 ・上体を動かさない。

 ・しっかり下半身をロックして行う。

<フロント2のやり方>

背中の中部に効きます。

 ①上体を傾けて(45度)息を吐きながら肘をしっかり引く。

 (バーは胸の前まで寄せる)

 ②息を吸いながら元の位置に戻す(肘は伸ばし切らない)

コツは・・・

 ・腕の力を極力使わない。

 ・バーを引いたら1~2秒静止。

 ・ブレーキをかけてゆっくりバーを戻す。

 ・上体を動かさない。

 ・しっかり下半身をロックして行う。

↑↑↑↑↑↑

ブログランキング挑戦中!!※ クリックお願いします(^O^) 

Imageca1xxua7

今すぐお気軽にお電話下さい。➡048-797-5551 SSCあすも

              ホームページはコチラ➡ SSCあすも

B0044915_23243387   B0044915_23243387_2   B0044915_23243387_3

ビリー隊長inあすも 5・5ビリーレッスン参加希望の方はこちらをクリック!!

ラットプルダウン 半円型バー(動画)

ラットプルダウン(半円型バー)は

背中全体を鍛えるトレーニングですが

特に背中の中~上部に効果があります。

グリップも持ちやすいので初心者~上級者まで

オススメのトレーニングです。

大円筋を広くしたい方にはもってこい!!

肩甲骨を意識しながら行いましょう。

背中の凸凹を出すにも効果ありです。

<バックのやり方>

背中の上部に効きます

 ①息を吐きながら肘を下に引きます。(バーが耳の後ろに来るまででOK)

 ②息を吸いながら元の位置に戻る。(肘は伸ばし切らない)

コツは・・・

 ・背中を意識する。

 ・バーを引き寄せたら1~2秒静止する。

 ・上体を動かさない(反動をつけない)

 ・ウェイトを浮かせた状態でスタートする。

<フロント1のやり方>

背中の上部に効きます。

 ①上体をやや傾けて息を吐きながら肘をしっかり引く。

 (バーは胸の前まで寄せる)

 ②息を吸いながら元の位置に戻す(肘は伸ばし切らない)

コツは・・・

 ・腕の力を極力使わない。

 ・バーを引いたら1~2秒静止。

 ・ブレーキをかけてゆっくりバーを戻す。

 ・上体を動かさない。

 ・しっかり下半身をロックして行う。

<フロント2のやり方>

背中の中部に効きます。

 ①上体を傾けて(45度)息を吐きながら肘をしっかり引く。

 (バーは胸の前まで寄せる)

 ②息を吸いながら元の位置に戻す(肘は伸ばし切らない)

コツは・・・

 ・腕の力を極力使わない。

 ・バーを引いたら1~2秒静止。

 ・ブレーキをかけてゆっくりバーを戻す。

 ・上体を動かさない。

 ・しっかり下半身をロックして行う。

↑↑↑↑↑↑

ブログランキング挑戦中!!※ クリックお願いします(^O^) 

Imageca1xxua7 

今すぐお気軽にお電話下さい。➡048-797-5551 SSCあすも

              ホームページはコチラ➡ SSCあすも

B0044915_23243387   B0044915_23243387_2   B0044915_23243387_3

ビリー隊長inあすも 5・5ビリーレッスン参加希望の方はこちらをクリック!!

ラットプルダウン バック&フロント(動画)

ラットプルダウン(ラットプルバー)は

広背筋、大円筋、僧帽筋など幅広い範囲の筋肉に効果があるトレーニングです。

下半身を細く見せたり、逆三角形のシルエットを作ります。

背中、肩甲骨を意識して行いましょう(^O^)/

<ラットプルダウンバックのやり方>

①息を吐きながら肘を下に引きます。(バーが耳の後ろに来るまででOK)

②息を吸いながら元の位置に戻る。(肘は伸ばし切らない)

コツは・・・

・背中を意識する。

・バーを引き寄せたら1~2秒静止する。

・上体を動かさない(反動をつけない)

・難しいトレーニングなので初めは軽負荷で行う。

<ラットプルダウンフロントのやり方>

①上体をやや傾けて息を吐きながら肘をしっかり引く。

 (バーは胸の前まで寄せる)

②息を吸いながら元の位置に戻す(肘は伸ばし切らない)

コツは・・・

・腕の力を極力使わない。

・バーを引いたら1~2秒静止。

・ブレーキをかけてゆっくりバーを戻す。

・上体を動かさない。

・しっかり下半身をロックして行う。

↑↑↑↑↑↑

ブログランキング挑戦中!!※ クリックお願いします(^O^) 

Imageca1xxua7

今すぐお気軽にお電話下さい。➡048-797-5551 SSCあすも

              ホームページはコチラ➡ SSCあすも

B0044915_23243387   B0044915_23243387_2   B0044915_23243387_3

ビリー隊長inあすも 5・5ビリーレッスン参加希望の方はこちら!!

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ